里見八犬伝の城下町「館山のまつり」館山地区祭礼のロゴ
館山の祭りは8月1日、2日に行われます
トップ
ページ
祭の
起源
神 輿 山 車
曳 舟
ポスター
チラシ
スポンサー
寄付
周辺
地図
お薦め
リンク
写真館
byフォト蔵
あなたは アクセスカウンター 人目のお客様です。
館山城館山地区館山のまつり-神輿館山のまつり-山車

館山の祭り(館山地区合同祭礼)の起源

その昔、各区の鎮守として祀られている神社のいわれにより、祭りの開催日は同日でありませんでした。その後、幾度かの町村合併や 更に大正3年に旧館山村(現在の青柳、上真倉、新井、下町、上町、楠見、上須賀地区)と旧豊津村(現在の沼、柏崎、宮城、笠名、大賀地区) が合併し、館山町となったのをきっかけとし、大正7年より13地区11社が8月1〜2日の祭礼を合同で執り行うようになりました。
しかし、大正12年の関東大震災により、新井、下町の祀る諏訪神社(下)、仲町、上町を祀る諏訪神社(上)、楠見の厳島神社、 上須賀の八坂神社の4社が倒壊した為、氏子の協議により4社が合祀を決め、昭和5年に館山神社として、創建することとなり、 昭和7年にその神殿が完成したわけです。 それ以降、館山地区では、13地区8社の合同祭礼として行われ、神輿 7基、曳舟 2基、山車 4基がそれぞれの地区から出祭しています。
館山の祭りは、愛称「たてやまんまち」として城下の人々によって守り、育て、伝え続けられてきた"心のまつり"です。

いま、館山城下を舞台に熱いまつりがはじまる。

館山の祭り-神輿の掛け合い館山の祭り-山車と曳舟館山の祭-舞館山の祭-下町きつね踊り
 □■ お知らせ ■□

 広報委員会から写真提供のお願い ⇒ 詳しくはここをクリックして下さい。 

 QRコード
館山地区の地図 新井 下町 仲町 上町 楠見 柏崎 青柳 上真倉 上須賀 沼 宮城 笠名 大賀
ホームページ 主催:館山地区祭礼当番区・館山地区青年会連合会 / 企画:館山地区青年会連合会企画広報委員会
お問合せは まで